月別アーカイブ: 12月 2014

様々な要因によって発生するニキビ

ニキビは様々な要因によって発生するのではないかと考えられており、対策を講ずるための取り組みに力が入れられています。多くの人がニキビを発症した経験があると推測されている中、その原因には様々なことが関連しているのではないかとみられています。

 

食物からの発生や生活習慣が原因となっての発生など、ケースバイケースでニキビの発生要因が異なってくるのではないかと思います。また、場合によってはニキビの発生した原因が複数そん際するために特定することが難しいこともあると推測されています。
このようにして、ニキビの発生要因は多岐にわたると考えられているため、どのような人にとってもニキビの発生する可能性が高いと言えるのではないかと考えられています。そのため、ニキビが発生しないように各人が意識的に取り組みを行うことが求められるともいえるでしょう。
今はネットで手軽に検索できるので、ニキビの対策法も簡単に見つけることができます。
ニキビケア商品もネットで簡単に買うことができます。
私が気に入ってよく見ているニキビケアのサイトニキビケア総合カタログです。

このサイトでニキビケアの情報を集めてから公式ページで買うようにしています。
ニキビの症状も軽度な物から重篤化するものまで様々であることから、事前にニキビの発症を防いで健康的に暮らすことが大事であると認識されています。近頃ではストレスによってニキビが発生する人が多く見受けられるようになってきてるため、心身のコントロールを適切に行うことがニキビの予防に繋がっていくのではないかとも推測されています。

鍋ウィークスタート

冬になったので、1週間鍋ウイークを稼動させました。
鍋って、野菜をたくさん入れるし、具材も替えられたりするので
飽きはしないんですよね。

だから、冬になると、手っ取り早い料理ということで
鍋をひたすらやります。

具材も、白菜、しいたけ、鶏肉といった寄せ鍋風のものから、
キャベツと豚肉といった、カレー鍋のようなものもできるし
寄せ鍋と具材は同じだけど、豆乳風など、いろいろ出来ますよね。

鍋のしめも、昔はご飯いれたりしてましたが、
最近はおうどんだったり、ラーメンだったりとバリエーションも
いろいろです。

白菜1玉って、1人ぐらいにするとどう消費しようと悩みますが
鍋にするとほんと早くなくなります。
白菜足りないよって思うぐらいです。

白菜を鍋にいえると甘みがとってもでておいしいのが
個人的に大好きです。
お豆腐も、そのままだと味があまりしないという人もいますが
鍋に入れると煮込まれるから味もついてますしね。

私はしいたけや、えのきといった きのこ類は実は苦手です。
でも鍋にすると食べられるんです。
好んでではないんですが、白菜と一緒にとか、あわせて食べると
苦になりません。

でも、八宝菜になると食べられません。
いったい何が違うのか謎ですが、鍋は私にとって素敵なごちそうです。

久々のwiifit

“ずっと、押し入れに眠っていたWiiFitを久々にやりました。
というのも、最近かなり運動不足だったので、少しはこれで運動できるかな?と思いまして。
フラフープを回す運動というのがソフトの中にあるのですが、これがなかなか面白くて30分くらいやってしまいました。
やり過ぎると多分腰が痛くなるので、あまり過度にやってはいけないと思うのですが。
きっとフラフープは少しでも毎日続けていたら、くびれが出来るんじゃないかな?と思うのでこれは続けようかなと考え中です。
他にも、ヨガや踏み台昇降運動があって、楽しくできました。
後は、マラソンというのもあって、これはWiiFitには乗らないで、リモコンを手にもってその場で走っているように手と足を動かすだけなのですが、
これがなかなかいい運動になります。
10分過ぎたあたりから汗も出てきます。ペースを速め過ぎると、ペースを守ってくださいと注意されるのですが、自分より見た目が老けているキャラクターに追い抜かれたりするとついついむきになって速度を出し過ぎちゃうんんですよね。
因みに、速過ぎる速度で走り続けると、自分のキャラクターが転んでしまい、結局他のキャラクターに抜かれるというオチです。
せっかく押し入れから出したWiiFitなので、これから頑張って続けて1か月後には魅力的な体になれるように頑張ります。”

インスタグラム、始めました。

“数日前、今ではすっかり世間に浸透した「インスタグラム」を始めました。

その存在を知った頃は、何が楽しいのかさっぱりわかりませんでした。
インスタグラムは「写真版ツイッター」と呼ばれている事をよく耳にしていた為、
既にツイッターを楽しんでいた自分としては、「それなら、インスタグラムはやらなくていい。ツイッターで充分なのでは?」と思ったからです。

私は日頃、ツイッターの他にはブログも書いているのですが、
ここ数年、そのブログに全くコメントがつかない事に寂しさを感じていました。
更新の回数を増やしたり、記事の内容にこだわってみても、状況は変わりません。
アクセス解析によると、リピーターはいるようなのですが、
ほとんどの方が、いわゆるROM専という性質なのか、コメントがついても数か月に一度でした。
Web拍手すらもほとんどつかないという、完璧に「私だけのひとりごと状態のブログ」なのです。
文章を書くのが好きな私ですが、ブログを更新すればする程、虚しさが募ってゆきました。

ところがインスタグラムときたら、写真を投稿すると、必ず「いいね」と反応があるのです。
今まで寂しかった分、なんだかそれがとても嬉しく思えるのでした。
興味が無かったインスタグラムですが、食わず嫌いなどしないで、
もっと早く始めていれば良かったかもしれないな、なんて思うこの頃です。

現場にいると締まる人

“現場で作業を大勢でしているときに、この人がいれば、
みんなが締まる、またいないとみんながだらけるって人っていませんか?

リーダーシップがあるかないか、人をまとめる力があるかどうかだと
思うんですけどね。

ただ、厳しいだけではダメなんですよね。
この人いると怒られるから怖いからやるというのでは、
グループはまとまりませんよね。

現場の人たちの大変さを理解してあげた上で
それに感謝しながら、自分たちがしてもらいたいことを
説明していくことが、難しいのですよね。

でも、この人の為なら、この人の仕事なら頑張るという
想いが、現場の人にもあるそうです。

先日、あまりないのですが、現場で丸2日、作業の立会いをしたことがありました。
その時に、作業員の方と話をしていた時にそんな話をしていました。

現場の要望をすべて受けるわけにはいかないけれど、
ただ、こちらの営業サイドの要望をただ作業指示者に伝えるだけでは、
結局現場の不満が募ってしまい、うまくいかないんでしょうね。

最近思うのは、確かに忙しいときなどもありますが、
営業、現場がきっちり顔をあわせていく必要があるなって思います。

そして、下請けでも、別の支店でも、付き合いがあるところには
顔を出しておいたほうがいいですね。”

大きくなったらなんになる?

“よく小さい子が「大きくなったらシンデレラになる」とか「大きくなったら〇〇ライダーになる」とか言ってますが、それを聞くと今まではほほえましく感じると同時にちょっと切なくなっていました。
というのも、うちの子はそういうことを一切言わなかったからです。
たぶん意味がまだよくわかっていないんだと思います。
「大きくなったらなんになりたいの?」と聞くと、一時期はずっと「はさみ」と言ってました。
はさみでちょきちょきするのが好きだからでしょう。
幼稚園に入るようになり多少成長したのか、大きくなってからの夢は「はさみ」から「電車」へと変わりました。
ただ単に電車が好きってだけなんですけどね。
そんな感じなので「じゃあ大きくなったら電車の運転士さんになれるといいね」なんてこっちが勝手に夢を押し付けていたようなところもあったのですが、今日一緒に歌番組を観ていたら、息子がいきなりこう言ったのです。
「大きくなったら歌手になる」と。
本当にびっくりしました。
歌手なんて言葉を知っていたことにもびっくりですし、自分から夢を語ったのも初めてです。
そして小さいピアノを取り出し、テレビの中の人と一緒にセッションを楽しんでました(笑)
この夢がいつまで続くかわからないけど、どんな夢でも心から応援できる親になれたらな、と思いました。”