どうしてお腹が減るのかな?

“ただいま午前2時です・・・お腹がすいて眠れません><

人間ってどうしてお腹が減るんでしょうね? いや、生きるためだからというのは十分わかっているのですが、こんなにお腹に脂肪を蓄えているのに(泣)勘弁してほしいものです!

こんな時間では何を食べても太ってしまいそうですね(汗
夜食、なんて素敵な響きなのでしょう! 深夜においしいものを食べるという贅沢、体に悪いとわかっているのに、食べたものが脂肪になってしまうのだとわかっているのに食べてしまうという最低最悪なのに最高に幸せな行為です。

あとで後悔するのは重々承知、それでも、深夜に食べるラーメン! チャーハン! あま~いお菓子! すごく、すごく美味しいです・・・。

コンビニが近くにあると誘惑はより強烈です。あそこに行けばラーメンもチャーハンもお菓子も、おにぎりだってアイスだってホットスナックだって何でも売ってますから!

深夜に食べると何だかいつもより美味しく感じるのは私だけでしょうか? 1日で一番疲れがたまっている時間、早く寝ればいいのに寝ないで空腹に身を捩じらせて、悪魔の囁きに黙って頷いてしまう、人間って弱い生き物です(泣)

た、食べませんよ。別に。私は何も食べませんよ!食べませんよという文字をタイピングしながらカップ麺にお湯なんて注いでませんからね!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です